オンライン英会話の実体験レビュー

【評判】産経オンライン英会話の講師やメリット/デメリットを本音口コミ

名称 産経オンライン英会話
料金例 毎日25分プラン 月額6,090円(税込)
公式サイト https://learning.sankei.co.jp/

産経オンライン英会話は、大手新聞社の産経グループが運営しているサービスです。

産経オンライン英会話は、国内のオンライン英会話スクールとして唯一、2種類の教育ISO認証「ISO29990:2010」「ISO29991:2014」を取得しています。

ISOとは、品質管理に関する国際認証で、取得には、英会話学習者のニーズを満たす要素である講師やカリキュラム、サービスなど全ての面において高品質なサービスレベルを提供できる体制を整えているスクールのみが認定されます。

さらに講師への継続的な研修・教育体制が維持されていて、毎年のISO継続審査で、専門の認証機関から講師やサービスの品質について条件を満たし続けています。

 

産経オンライン英会話の特徴・強み

以下のような大きな特徴・強みがあります。

特徴・強み

  • フィリピン人講師のみ
  • 2種類の教育ISO認証
  • AIを活用した英語発音自習サービス利用可能
  • レベルに合わせた1,000以上の豊富なレッスン教材
  • 忙しい社会人のための金土日限定の週末プラン
  • 早朝5:00からレッスン可能
  • 採用率1.2%の難関を超えてきた優秀な講師陣
  • 産経グループならではの新聞の記事を中心としたレッスン
  • 発音に徹底的に修正するレッスン

他のオンライン英会話のプランにはあまりない、忙しい社会人向けの週末プラン。⾦、⼟、⽇のみしか受講はできませんが、1⽇2レッスンも受講できます。

毎日プランを選択しても残業や飲み会で平日はレッスンを受けれないという方はとても多いと思います。それなら、週末に一気に集中して学習する方が効率的かもしれません。

他にも、産経新聞のグループ会社ならではのレッスン「ニュースディスカッション」は英文ニュースを題材に講師とのディスカッションできます。日本語で書かれた元の記事も比べて読むことができ、英語と日本語の表現の違いも合わせて学べると人気のレッスンカリュキュラムです。

 

産経オンライン英会話のレッスンを実際受けてみました

実際に、産経オンライン英会話を受講してみました。無料で試せる体験レッスンがあるので、先ずはそちらから受講してみました。

 

 

登録に必要な情報は、氏名、メールアドレス、パスワードの3項目です。登録後にメールで本登録のURLが届くので、そちらを24時間以内でクリックすれば登録完了です。

産経オンライン英会話は、体験レッスンでも講師の指名が可能です。

220名以上いる講師の中から。私の好みの女性8人を選抜してみました。ちなみに某アイドルグループ的に、誰かをセンターにしなければいけないというのであれば、私は迷わずシーナ先生(Sheina Araneta Sosmena)を押します。

海外のモデルの様な出で立ちで、抜群の可愛さです。アリー先生や、他の先生も美人なのですが、シーナ先生は別格です。

せっかくなので、シーナ先生の詳細プロフィールも掲載します。モザイクで顏を見せれないのが、本当に残念です。

↓↓↓ほら、モザイク越しでも美人だということがわかるでしょう↓↓↓

モザイク無しで、シーナ先生の美貌を拝みたい方は、公式サイトでご確認ください!

ちなみに、詳細プロフィールの右下にあるYoutube動画のシーナ先生はマジで天使です。先生のYoutubeに飛んで、チャンネル登録しようと思いましたが、他には動画をアップしていないようでした…残念!

体験レッスンからシーナ先生から学びたいと思っていましたが、さすがは、美人先生、予約が完全に埋まっていました。どのオンライン英会話もですが、美人講師の予約はすぐに埋まります。

世の中、顔で年収が変わるという話は本当だなと実感しました。(予約数で講師の給与が変わるのかはわかりませんが…笑)

仕方ないので今回は諦めて、すぐに受講可能な状態になっていたレスリー先生を予約しました。ちなみに予約は30分前まで受付可能です。

今回、無料体験レッスンをお願いした、レスリー先生は、私は好みのタイプではないですが、好きな人は好きな顔立ちだと思います。真っ白な歯が特徴的で、「絶対ホワイトニングに金かけまくってるわ」という印象でした。ちなみに、既婚者でお子さんもいらっしゃいます。

 

予約時には下記の情報の入力が求められます。

 

予約時間になるとスカイプでコールがなりますのでビデオ通話、または音声通話を選択してレッスン開始です。

 

まずは、お互いの自己紹介、名前、出身地、居住地、趣味、家族構成などを知ってる知識で話しましたが、レスリー先生のリアクションが薄い。あれ?もっと話さないとダメなのかと思い、少ない英語のボキャブラリーを駆使して会話を続けましたが、限界を感じてギブアップ…

もっとリアクションしてくれたり、話を広げてくれたり、質問してもらえると話しやすいのですが、レスリー先生は、ただ軽くうなずくだけで、正直しんどい自己紹介タイムでした。

その後、カリュキュラムの内容に入るのですが、ここでトラブルが発生!

テキストがどこにあるかわかりません。レスリー先生に質問しようにも、なんて伝えればいいかわからない。

とっさにでてきた言葉が「I don't understand the text.」

これだと、おそらく「テキストを理解していない」という表現になるので「テキストの場所がわからない」と伝わらない。

レスリー先生も、私が何に戸惑っているのか、わからないので、このやりとりだけで10分以上を費やしてしまいました。

なんとか、自力でテキストを発見できましたが、この間の時間はとても辛かった。

他のオンライン英会話だと、テキストのリンクを開始前に送ってくれたり、私が理解して無さそうと思ったらチャットで支持してくれて、なんとかレッスンをこなせるのですが、その様な配慮は、今回ありませんでした。

まったくの、英会話初心者には正直きびしいのではと感じました。

 

なんとかテキストにたどり着いた後、やっとレッスンの開始です。簡単なあいさつやフレーズを学びましたが、しかしテキストが見当たらないという事故もあり、テキストを最後までやりきることはできませんでした。

かなり混乱し、疲弊した表情の私を気にしてくれたのか、最後にレスリー先生から、「ナーバスにならないで、英語は続ければ話せるようになれるよ」という励ましの言葉をもらって終了しました。

今回、テキスト見つからない問題もあり、あまり楽しいレッスンにはならなかったのが残念でした。無料体験は1度だけでなく、2回まで可能なので、次回は絶対にシーナ先生で予約しようと思いました。そして事前にテキストをしっかり準備しておきます。

産経オンライン英会話の、無料体験レッスン受講後に送られてくるメールで、オススメ講師を紹介してくれるので、そちらを参考に、次回の講師を選択してみても良いかもしれません。ちなみに、シーナ先生も、オススメ講師の一人で紹介されている先生でした。

 

産経オンライン英会話の講師

産経オンライン英会話のフィリピン人講師達は、採用率1.2%の狭き門を突破した優秀な講師たちのみで、英語力や発音、指導力などに含めて、会話の表情の豊かさや人間性などもチェック項目に入ってるそうです。「会話の表情の豊かさ」については今回の体験レッスンでは疑問の部分でしたが、優秀な講師が数多く在籍しているようです。

採用後も定期的に、継続的な研修、教育体制が用意されているので講師の質の低下を防ぐ仕組みしっかりと用意されています。

講師が直前で都合によりレッスンができなくなったとしても、代替講師を迅速に手配してくれるので予定通りにレッスンを実施できます。講師全体のレベルが高いので代替レッスンになっても安心です。その辺の仕組みが整っているのも大手グループが運営するオンライン英会話の強みと言えます。

さらに外国人講師とのレッスンで質問できなかった点やわからなかった部分を、日本人のコンサルタントに日本語で質問できるオーダーメイドセッションも人気で、英会話が初めての方に安心です。

 

産経オンライン英会話のレッスン内容

無料体験レッスンの内容

  • 日常英会話初級(A1 General)
  • 日常英会話初中級(A2 General)
  • 日常英会話中級(B1 General)
  • 日常英会話中上級(B2 General)
  • ビジネス英会話初級(A1 Business)
  • ビジネス英会話初中級(A2 Business)
  • ビジネス英会話中級(B1 Business)
  • ビジネス英会話中上級(B2 Business)
  • 職業別英会話 小売店
  • 職業別英会話 レストラン
  • 職業別英会話 鉄道
  • 職業別英会話 タクシー
  • 職業別英会話 郵便局
  • Building TOEIC Skills
  • Developing TOEIC Skills
  • Mastering TOEIC Skills
  • とってもかんたんTOEIC(Very Easy TOEIC)
  • Taking the TOEIC 2
  • TOEIC Analyst
  • トライアルA教材(TRIAL A)
  • トライアルA教材(TRIAL B)
  • GCAT受験
  • フリートーク

体験レッスンも本番レッスンとほぼ変わらない内容で受講可能です。

本番レッスンの内容

  • 体験レッスン
  • 職業別英会話
  • フリートーク
  • CASEC受験申込み
  • 日常英会話
  • 学校教科書準拠
  • 大学入試外部検定試験対応
  • ニュースディスカッション
  • ビジネス英会話
  • TOEIC
  • GCATとは

本番レッスンでは、大学入試や学校の教科書で学んだ文法項目を使って、外国人講師とマンツーマンで会話の練習ができるレッスンなども受講可能になります。

 

産経オンライン英会話の料金

通常プラン&プラスチケット

プラン名 レッスン時間 料金 1レッスン単価
毎日25分プラン 25分(1コマ)毎⽇1⽇1レッスン 6,090円(税込) 196円(税込)
毎日50分プラン 計50分(2コマ)毎⽇1⽇2レッスン 9,981円(税込) 161円(税込)
週末毎日50分プラン 計50分(2コマ)⾦・⼟・⽇のみ
1⽇2レッスン
6,090円(税込) 218円(税込)
大学入試外部検定試験対応 最⼤100分(4コマ)
毎⽇1⽇1~4レッスン
1ヶ⽉の最⼤レッスン数は当⽉⽇数分
10,175円(税込) 328円(税込
プラス1チケット 25分 1回 712円(税込) 712円(税込)
プラス15チケット 25分 15回 4,379円(税込) 292円(税込)
プラス30チケット 25分 30回 8,046円(税込) 268円(税込)
プラス45チケット 25分 45回 11,000円(税込) 244円(税込)

 

コーチング型スピーキング初⼼者脱出プログラム

プラン名 受講期間 料金 対象者
ライト 2ヵ月 82,500円(税込) TOEIC400~550点程度挨拶・簡単な会話はできる。正しい勉強の仕⽅を学びたい。
スタンダード 3ヵ月 107,800円(税込) TOEIC400点以下超初⼼者、または英語学習にブランクのある⽅

 

オプションプラン(毎⽇25分プラン、毎⽇50分プラン、週末毎⽇50分プラン、⼤学⼊試外部検定試験対応いずれかにお申し込みの⽅のみ購⼊可)

プラン名 レッスン時間 料金 1レッスン単価
⽇本⼈コンサルタントによるオーダーメイドセッション 25分(1コマ) 3,300円(税込) 3,300円(税込)
劇的英語⾯接道場 1⽇の予約数上限のないレッスンチケット7回分 6,600円(税込) 942円(税込)

 

オプションプラン(どなたでも購入可能)

プラン名 レッスン内容 料金
メールライティング講座(Eラーニング+添削) 24時間受講可能なE-ラーニング教材(3ヶ⽉)
企業向け翻訳・英⽂校正を⾏うビジネス英語のプロフェッショナル、熟練したネイティブスピーカーの講師による添削。(全6回)
1コース 38,500円 (税込)
語学留学(フィリピン) 短時間でTOEICスコアの⼤幅アップや、会話⼒向上が望めます。ご希望の⽇程や英語レベルにあわせてカウンセラーが最適なプランをご提案。親⼦留学も実施中。 1週間 50,800円 〜(レッスン・宿泊・⾷事込み、航空券別)

産経オンライン英会話は、短期集中講座やオプションも豊富です。仕事でメールライティングをされる方のプランや、外国人の先生とのレッスンでわからなかったところを、日本人のコンサルタントに相談できるオーダーメイドセッションなど痒いところに手が届く内容になっています。

料金についても、オンライン英会話の相場が約6,000円なので、ほぼ相場通りの金額です。

 

産経オンライン英会話の開講時間・休校日

産経オンライン英会話は、5時から25時まで開講しています。24時間営業ではないですが昼夜逆転で仕事されている方以外は問題ない開講時間です。

年末年始やクリスマスなどの日にはお休みすることがございますので、予めご了承ください。

 

産経オンライン英会話を受けてみて感じたメリット/デメリット

メリット デメリット
  • レッスン教材数1,000以上
  • 金土日限定の週末プランあり
  • 朝活向き早朝5時からレッスン可
  • 深夜25時までレッスン可
  • 採用率1.2%の優秀な講師陣
  • 美人講師が多い
  • フィリピン人講師のみ
  • 24時間対応ではない
  • ネイティブスピーカーのレッスンを受講できない。

産経オンライン英会話のデメリット

産経オンライン英会話のデメリットをフィリピン人講師のみでネイティブスピーカーのレッスンを受講できない点です。とはいえ、英語公用語世界第3位のフィリピンでは北米で使われる英語と非常によく似ているので発音がきれいな講師も多いはずです。

対応策としてネイティブスピーカーによる音声教材も無料で利用できます。

産経オンライン英会話のメリット

テキストやプランがとても豊富で、自身のステップアップやライフプランに合わせて選択できる点が一番のメリットといえます。

週末にしか時間が取れない方や、受験や資格試験で集中的に学びたい方は是非、無料体験レッスンを試してみてはいかがでしょう。

 

産経オンライン英会話のまとめ

今回、無料レッスンを受けた先生は正直あまり相性が良くなかったですが、シーナ先生も含め美人講師が多いので、2回の無料体験レッスンを是非受けてみてください。1回目は相性がよくない先生に当たっても、2回目で良い先生に当たるかもしれません。

急ぎで受けなきゃいけない理由がなければ、好みの先生で受講することをおすすめします。その方が授業への、身の入りも違うことでしょう。(笑)

名称 産経オンライン英会話
運営会社 産経ヒューマンラーニング株式会社
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル
公式サイト https://learning.sankei.co.jp/

-オンライン英会話の実体験レビュー

Copyright© 英会話まにあ | オンライン英会話おすすめランキング【全18社の実体験比較】 , 2020 All Rights Reserved.